HOME > 業務案内 > 黄変染色補正

業務案内 : 黄変染色補正

シミ・汚れ・カビなどをそのままにしておくと、時間の経過によって酸化し、生地の地色とは関係なく黄色っぽく変色したシミになってしまいます。
シミ抜き・汚れ落し・カビ落としの加工では落ちない黄変ジミ・変色ジミは、染色補正技術で修正をします。
水や薬品を用いて変色部分を漂白し、元の色と同じになるように染料を調合し、ピースガン・刷毛・筆を用いて色かけをしていき、色補正をして復元します。

加工前

加工後

ビフォーアフター

衿の変色(黄変)

衿の汚れをお手入れせずにそのままにされますと、汚れた箇所は酸化し変色します。
まずは汚れを取り除き、場合によっては脱色します。
元の色になるように、染料を調合し、濃度も合わせていきます。
地色と同じ色をかけるわけではなく、足りない色を補い復元していきます。

変色 Part2

汚れが付いたまま時間が経過し変色してしまった・・・

MORE

トップへ